株式投資のブログ デイトレ ・ 短期 ・ スイング でマーケットに挑む
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月13日 (日) | 編集 |
今、暮らしている首都圏郊外の街、地震発生の日の夕方。

スーパーのパンや惣菜、即席麺などすぐ口にできる物が激品薄になりました。

昨日、まず驚いたのはショッピングカート待ちの列・・・・

人の数はやたらと多くずらりとレジに並ぶ列は店員2人体制で高速処理されていく。

カセットコンロは売り切れ、ガスカートリッジ・懐中電灯や乾電池は品薄。

停電やガスの配給停止に備えた商品の売り切れが目立ちました。

食品はパンやおにぎりはなく、ペットボトル(炭酸水を除き)、カップ麺は

9割空っぽでした。その空っぽの棚を見て、別の人がまた買いに走る・・・

こんな感じなのでしょう。



今日になると、先に書いた食品の棚は空になり、トイレットペーパーや

ティッシュペーパー、玉子や牛乳などの乳製品、レトルトカレー、チルド食品と

幅広く品薄状態になってました。



ガソリンも昨日からレギュラーガソリンは売り切れ、ハイオクも残り僅かと

いう状態で、一人20リットルまでと制限されてるところもあるようです。

今日になると近所のスタンドは給油業務はやってませんでした。

店員さんに尋ねてみると、関東は千葉の製油所から持ってくるようで、道路状況の

影響ではなくタンクローリーは走れるがガソリン自体が、製油できないとのこと。

しばらく入ってくる目処はたってなく関東はどこもこんな状態ではないかと言ってました。



水・パンなどは被災地に優先的に送られてるのか、商品の流通がスムーズでは

なく遅納・未納が起こっているのか分りませんが、しばらくこのような状態が

続きそうな雰囲気です。不安感からの買い溜めが品薄の原因になっていることも

あると思いますが。これまで蓄積された政府への不信感も少なからずあるのかな。


犬の散歩や公園の風景はいつもの週末ですが、スーパー等の陳列棚が静かに

不安を抱える人々の心中を物語っていると思います。


それでは引き続き、揺れがひどい地域のみなさま、余震に十分お気をつけください。




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
       ↑           ↑           ↑
       奇跡的に連打してもらえると嬉しいです^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。