株式投資のブログ デイトレ ・ 短期 ・ スイング でマーケットに挑む
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月30日 (木) | 編集 |
今日、大納会。 少しだけ今年のトレードを振り返ってみました。

・・といっても、最近気にしているのは勝率と損失率の2点だけ。

勝率では適切なタイミングで売買できているか、損失率では損失

が出たトレード内で買値から何%下がったところでロスカット

(迅速なロスカット)ができているかを月別で平均値を出して

います。個々の売買履歴とは別にこの数値の検証を丸2年。

けっこう収益への反映がはっきりしていて今では一番気になる

数値です。

まず勝率。これはどこまで伸びシロがあるのか正直よく解り

ません。勝率80%を誇るトレーダーさんもいるようですし。

何かで読んだのは勝率75%は名人位とあり、別のやつでは

せいぜい70%くらいまでとありました。ま、その先を気にするのは

キッチリ60%台に達してから、その先の話としたいと思います。

今年の勝率は昨年の52.2%→53.3%に。

僅かなUPながら目標の60%は影すら見えず。そして勝率よりも

さらに収支に影響を与えると思うのが損失率。

負け方の問題、迅速な損切りは必須だと再認識。

8月にも一度書いたのですが、
    ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/T91738246factory/diary/201008170000/

昨年比では-4.2%→-3.1%の前進。これは5月の大惨敗を受けて

猛反省。損失率に意識を向けた翌6月より大幅改善が見られ

その後の月別収支7連勝に結びつきました。

たかが1%は大きな1%でした。

損失率・勝率
1・2・5月は月間収支マイナス月。

損失率・勝率組み合わせが一定水準に達しているとき良い結果が

出ました。並べてみると目指すべきところが見えてきました。

-3.0%以内の損切り、53%くらいがクリアのラインではないかと。

もちろん勝率は上を見て上げていきたいですが、ほんの数%の

UPが難しい・・日経の上昇時ほど高くなり易いことがわかっている

ので、逆に日経が下落している期間、今年でいうと50%を割り

込んだ1月・5月・8月をいかにして勝率を落ち込ませないか。

特に負け方に意識を向けた6月以降ですが、常にこの2つの数値が

正しいアプローチが出来ているかの判断材料に一役買ってくれた

ように思います。1年目から解っていたはずの損切りの大切さ、

傷の深さを知ってさらに深く理解できたような、そんな1年でした。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ
       ↑           ↑           ↑
       奇跡的に連打してもらえると嬉しいです^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。